要介護の一歩手前かも!?「フレイル予防」で対策しよう

公開日:2022/05/15   最終更新日:2022/05/24

フレイルはなった後よりもなる前の予防が重要だとご存知でしたか?一度フレイルやフレイルサイクルになってしまうと簡単に治すことはできません。本記事では、フレイルとは何かについてとフレイルの予防方法を紹介します。もしかしたらと心当たりがある方や、フレイルって何という疑問を持っている方はぜひご覧ください。

フレイルとフレイルサイクル

ここでは、フレイルとフレイルサイクルについて説明します。どういう意味なのか知らないという方や違いが分からないという方は、ぜひ参考にしてください。

フレイルとは

フレイルとは、心や身体が弱くなってきている状態のことをいいます。虚弱と表現されることもあります。病気ではありません。歳をとると誰でもフレイルになってしまう可能性があります。フレイルのまま対策を取らずに放置してしまうと、1人で歩けなくなったり鬱になってしまったり、介護がなければ生活できなくなってしまいます。

最近なんだか疲れやすい、階段の上りで息が切れる、ダイエットしてないのに痩せてきた、という症状に心当たりがある方は、もしかしたらフレイルになってしまっているかもしれません。フレイルは身体などが弱っている健康状態のことのため、一度なってしまうと病気のように薬で簡単に治すことはできません。普段からフレイルになってしまわないように生活することが重要です。

自分でチェックを行う方法も開発されているため、気になる方、不安な方は自己チェックを試してみるのがおすすめです。自己判断で自分は大丈夫だと思い込んでしまうと、あとあと悪化して介護が必要になってしまう可能性もあります。少しでも心当たりがある場合は、フレイル外来などがある病院に行って医師の診察を受けるようにしましょう。

フレイルサイクルとは

歳をとって筋力や体力が減ると、筋力や体力がなくなったことですぐに疲れてしまい運動量が減ります。運動量が減ると日々の消費エネルギーが減り、消費エネルギーが減るとお腹があまり減らなくなってしまうため、食事の摂取量が減ってしまい慢性的な栄養不足に陥ってしまうことがほとんどです。

慢性的な栄養不足に陥ってしまうと、またさらに筋力と体力が減るという悪循環の無限ループになります。この悪循環の無限ループがフレイルサイクルです。

フレイルサイクルの始まりは必ずしも筋力・体力の減少とは限らず、食欲不振が始まりのケースや運動量の減少が始まりのケースなどもあります。長く続くと、人の手を借りなければ日常生活を送ることが難しい要介護になってしまう可能性があります。

一度フレイルやフレイルサイクルになってしまうと薬で簡単に治すことはできません。そのため、普段からフレイルにならないように生活することがとても重要です。すでに心当たりがある方は、気が付かなかったことにはせずにフレイル外来などがある病院に行って、医師の診察を受けるようにしましょう。

しっかり食べて健康状態を保とう!

フレイルにならないためには、毎日3食しっかりと食べ、適度に運動して健康状態を保つことが大切です。ここでは具体的な予防策を紹介します。フレイルが不安な方はぜひ参考にしてみてください。日々の食生活を見直すだけでも予防になります。

食事で予防

食事は主菜、副菜、主食、汁物などのバランスの取れた食事を食べるとフレイルを予防できるようです。主菜とは肉や魚や卵のことで、副菜とはサラダやきのこ類のことです。

バランスのよい食事を取りたいけど毎日食事を用意するのは難しいという方、面倒という方は多いと思います。そういった場合には、温めるだけでバランスのよい食事がとれる完全調理品などの利用がおすすめです。

毎日無理に食事を用意しようとすると食事の時間が辛くなってしまう可能性もあるため、無理せずに調理済みの食品などもうまく活用していきましょう。

運動で予防

フレイルを予防するためには運動も効果的です。運動とは何分も走らなければダメというわけではありません。ウォーキング程度で充分です。

普段まったく運動をしていないという方は、いつもより少し帰り道を遠回りするなど簡単なことから始めてみるのがおすすめ。しっかり食事をして適度に運動することを心がけましょう。

社会参加で予防

いつまでも心を健康に保ち続けるためには、社会参加が必要不可欠です。歳をとると仕事がなくなり、他人と接する機会が少なくなるかと思います。

人とかかわらずに過ごすと認知機能が低下したり鬱になったりしてしまいます。ボランティアなどに参加して他人と接する機会を少しでも作ってみましょう。

フレイルを予防して健康長寿を延ばそう

フレイルは歳をとると誰でもなってしまう可能性があります。一度フレイルやフレイルサイクルになってしまうと、簡単に治すことはできません。そのため、普段からフレイルにならないように生活することがとても重要です。フレイルは、食事と運動と社会参加で予防できます。フレイルを予防して健康長寿を目指しましょう。

 

フレイルとは、心や身体が弱くなってきている状態のことをいい、フレイルサイクルとは悪循環の無限ループのことをいいます。食事や運動、社会参加でフレイルを予防できます。フレイルになってしまう前にしっかり予防して健康長寿を目指しましょう。本記事がフレイル対策で困っている方の役に立てれば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンが正常に働かず、血液中にブドウ糖(糖/血糖)が増えて高血糖値の状態が続く病気です。よく「糖尿病を患ったら、食事に気をつけなくてはいけない」といわれますが

続きを読む

日本人はたんぱく質の摂取量が少ないといわれています。誰にとっても必要なたんぱく質は、当然活動量の減る高齢者にとっても必須の栄養素です。しかしとくに高齢者はたんぱく質が不足しがちです。たんぱく

続きを読む

社名:株式会社名西フーズ 住所:〒486-0941 愛知県春日井市勝川新町2丁目7番地 TEL:0568-33-5252 食事をとるのは生きていくうえで欠かすことができません。そして栄養バラ

続きを読む

社名:株式会社ダスキンヘルスケア 住所:〒105-0014 東京都港区芝1-6-10 TEL: 03-5484-3640 清潔で快適な生活環境づくりを目指し、有名大手企業のダスキンが設立した

続きを読む

社名:株式会社 マカン 住所:〒532-0004大阪市淀川区西宮原1-6-60 プラザ新大阪712 TEL:06-6151-8400 年齢を重ねると咀嚼力は低下し、誤嚥性肺炎などのリスクも高

続きを読む

社名:株式会社デリック 住所:東京都足立区千住橋戸町50番地 東京都中央卸売市場足立市場 本館2階26 丸勤食販企業組合内 TEL:03(5284)4822  株式会社デリックは病院や介護施

続きを読む

社名:株式会社ジョイント 住所:〒591-8002 大阪府堺市北区北花田町4-89-23 TEL:072-250-0940 調理スタッフの人手不足や、食材の価格高騰などが原因で、給食をまかな

続きを読む

社名:クック〒144-0033 住所:〒144-0033 東京都大田区東糀谷1-13-4 TEL:03(5735)5811 まごころ工房は東京都大田区に本社を持ち、高齢者・障がい者施設向けに

続きを読む

社名:シップヘルスケアフード株式会社 住所:〒565-0853大阪府吹田市春日4-13-15 TEL:06-6369-0095 ドリームキッチンは病院や福祉施設向けに食事提供サービスを展開す

続きを読む

社名:ケアユー株式会社 住所:〒810-0072 福岡市中央区長浜1丁目3-4 綾杉ビル北天神5F TEL:092-718-2003 今回は福岡市内に本社を持ち、創業以来45年以上にわたって

続きを読む