ミキサー食とは?ミキサー食を作る際のポイントや注意点を解説

公開日:2024/06/15  

完全調理品 ミキサー食

ミキサー食とは、病気や加齢などで固形の食事を摂ることがむずかしくなった方に向けて、ミキサーを使って食べやすくした食事のことです。家庭でも簡単に作ることができますが、これまで作ったことがない場合、わからないことも多いでしょう。そこで本記事では、作る際のポイントや注意点を解説します。

ミキサー食のメリット・デメリット

病気や加齢で固形の食事を摂取することがむずかしくなった方でも、栄養摂取がしやすくなる食事方法です。まずは、どのようなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう。

まず、最大のメリットは、飲み込む力や噛む力が弱っている人でも簡単に食事から栄養を摂れることです。食事がむずかしくなった場合、点滴や薬などで栄養を補う選択肢もあります。しかし、ミキサーを活用すれば、食事から栄養を摂れます。

食材を細かく砕いて滑らかな状態になっているため、飲み込む力が弱くなっていても、消化器官に負担をかけることなく栄養を効率良く摂取できるからです。さらに、すでに食材が砕いた状態となっているため栄養の吸収効率が高く、消化機能が低下している高齢者や病後の回復期などにも適しています。

ただし、メリットがある一方でいくつかのデメリットがあります。まず、見た目があまりよくないことが挙げられるでしょう。ミキサーで細かくされた食材は、食材本来の形や彩りでなくなることから、見た目が悪く、あまり食欲をそそるものではなくなる傾向にあります。

さらに、食材を液状にするため多くの水分を多く含むことになり、食事が薄味に感じられたり、食感が単調になりやすくなったりすることも懸念点です。どのような食材を組み合わせるのかによって、見た目や味わいが変わるため、ミキサー食に飽きないよう工夫が必要となるでしょう。

ミキサー食を作る際のポイント

ミキサー食を作る際には、いくつかのポイントに気を付けるのがおすすめです。まず、栄養バランスを意識することが挙げられます。単に食材を細かくすればよいというものではなく、体が必要とする各種栄養素を均等に取り入れることが重要であり、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルを適切に配分することで、栄養不足や偏りを防止できます。

次に、ミキサーにかける食材選びもポイントです。向いている食材としては、柔らかくて水分を含みやすいものや、繊維質が少ないものが適しています。食材選びを工夫することで、滑らかな仕上がりになります。なお、こんにゃくやイカ、タコなどの弾力性のある食べ物は、スムーズな仕上がりになりにくく不向きとされています。

さらに、粘度を調整して飲み込みやすくすることがポイントとなります。ミキサー食はさらさらであればよいというものではありません。さらさらしすぎていると、かえって飲み込みにくくなって喉が詰まる原因となるため、適切な粘度を持たせて、のどに詰まるリスクを減らし、安全に食事を楽しめるようにしましょう。さらさらの仕上がりになりやすい食材を使用する場合は、専用の増粘剤を使用する方法がおすすめです。

そのほか、彩りを工夫することで、食事の見た目を改善し食欲を促進させることもポイントとなります。色とりどりの野菜や果物を使うことで、視覚的にも楽しいミキサー食を作り出すことが可能です。このようなポイントを押さえて作ることで、食事の楽しみを生み出せるでしょう。

ミキサー食を作る際に注意するポイント

ポイントのほかに注意しておくべきことがあります。喉に詰まるなどのリスクを減らすためにも、注意点を見ていきましょう。まず、弾力がある食材や繊維質の多い野菜を避けることが注意点の一つです。食材をミキサーで細かく粉砕する際、繊維質の多い野菜を使うと、均一な滑らかさにすることがむずかしくなるからです。

たとえば、アスパラガスやセロリのような繊維質が多い野菜は、繊維が長くて固いため、ミキサーで細かくしようとしても、食感が粗くなりがちです。食べる際の不快感につながりやすくなるうえに、嚥下力が弱い方には適していません。

また、適切な粘度に調整することもポイントとなります。さらさらの液状になると食べにくくなるのはもちろん、嚥下や咀嚼がむずかしくなった方が、粘度が強すぎても詰まりの原因になるのです。そのため、食べる人のことを考えて、適切な粘度に調整することが注意点だといえます。

まとめ

ミキサー食は、病気や加齢で固形物の食事を摂るのがむずかしくなった方に向けて提供されるのが基本です。嚥下や咀嚼の機能が低くなった方でも食事を摂れる方法であるうえに、栄養の吸収効率が高いといったメリットがあります。

しかし、見た目が悪くなりやすい、味が単調になりやすいといったデメリットもあるため、使用する食材を工夫する必要があります。食べる人の好みに合わせて、ポイントや注意点を押さえた食事を提供できると望ましいでしょう。

完全調理品を相談するならここ!
株式会社フーヅリンクが提供する「クックパック」は、高齢者施設専用の完全調理品です。真空調理法を採用しているため、一般的な完全調理品とは異なるでしょう。調味料を抑えながらもしっかりとした味付けが可能なので、治療食も普通食と変わらず食べることができます。
クックパックの画像1

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

食事介助は重要な介護のひとつですが、注意して介助しなければ要介護者のストレスになるだけでなく命の危険もあります。食事は心身の健康を保つために不可欠であり日々の楽しみのひとつといえるでしょう。

続きを読む

ミキサー食とは、病気や加齢などで固形の食事を摂ることがむずかしくなった方に向けて、ミキサーを使って食べやすくした食事のことです。家庭でも簡単に作ることができますが、これまで作ったことがない場

続きを読む

高齢者の食事は通常よりも柔らかくして提供するのが基本ですが、実際にどのようなメニューにすべきか悩んでしまう人も多いでしょう。今回は高齢者向けの柔らかい食べ物について、柔らかい食べ物を選ぶべき

続きを読む

高齢化が進む日本において、介護需要は年々増加しています。2024年の1月に行われた社会保障審議会では、介護報酬の改定が了承されました。改定内容は多岐に渡りますが、中でも注目度が高いのは処遇改

続きを読む

ニュークックチルとは前もって作った料理を急速冷凍することによって、必要なタイミングでいつでも作りたての状態で提供できるシステムのことを指します。ニュークックチルは調理工程や時間、コスト、人員

続きを読む

会社名 株式会社メフォス 住所 〒107-0052東京都港区赤坂2丁目23番1号(アークヒルズフロントタワー18F) 電話番号 03-6234-7600(代表) メリット・強み ■食中毒を防

続きを読む

最近は食材宅配って言葉を耳にするけれど、ネットスーパーと何が違うの?とお考えではありませんか。そこで本記事ではそんな疑問を解消すべく、食材宅配とは何か、ネットスーパーとの違いや注文の流れにつ

続きを読む

食品ロスを無くしたいと思うけれど、食品ロスがなぜ起こるのか分からないとお考えではありませんか。そこで本記事ではそんなお考えを払拭すべく、食品ロスとは何か、食品ロスの発生理由や改善策、削減に対

続きを読む

「平均寿命」だけではなく「健康寿命」を延ばすことが大事だと聞くけれど、その違いは何?とお考えではありませんか。そこで本記事ではそんな疑問を解消すべく、平均寿命と健康寿命の違いや、健康寿命の延

続きを読む

この記事では、介護職・病院食の種類と選び方、食事の満足度を考えた特別な食事について解説します。介護食や病院食と聞くと、どのようなものかイメージしにくいですが、嚥下や咀嚼力が低下した高齢者にと

続きを読む