介護の現場でよくある「食べこぼし」!対策としてどんなことができる?

公開日:2023/04/15   最終更新日:2023/09/15

介護現場では、食べこぼしはよくあることですが、食べこぼしに意外な原因が潜んでいる場合もあります。また、介護での食事は忙しいため、なるべく食べこぼしがないよう工夫しながら進める必要があります。本記事では、介護の現場でよくある食べこぼしの対策としてどのようなことができるのか解説するのでぜひ参考にしてください。

高齢者施設におすすめの完全調理品はこちら

なぜ食べこぼしをしてしまうのか

自宅介護でも介護の現場でも、食べこぼしは大きなストレスになります。ただ、ストレスは食べさせる側だけが感じる問題ではありません。

食事をする高齢者も相手に負担を感じさせて申し訳ない、という気持ちを感じている場合があるでしょう。高齢者がなぜ食べこぼしをしてしまうでしょうか。

身体機能の低下

高齢者は、年齢と共にだんだんと身体機能や嚥下機能が衰えていきます。また、視力低下に伴い食べこぼしをしやすくなる場合もあるでしょう。

中には、脳梗塞で麻痺があることも隠れている場合があり注意が必要です。さらに、口腔筋力の低下や入れ歯をはめていることが原因の場合もあります。

姿勢の悪さ

食事の姿勢が悪い場合、食べ物を口に運ぶまでにこぼしたりする場合があるでしょう。また、前かがみの姿勢から口からこぼす場合もあります。

姿勢が悪い原因で食べこぼしをする場合は、少しの工夫で改善されるためよく観察してみましょう。

食器があっていない

使いづらい食器は、食べこぼしをしてしまう原因となります。また、テーブルやいすがしっかり合っているか確認しましょう。

食べこぼしは病気のサイン?注意深く観察しよう

高齢に伴う食べこぼしは、誰でも経験することです。少々の食べこぼしは仕方ないことだといえますが、中には注意が必要な場合もあります。

食べこぼしが病気のサインとなる場合、どのような状況なのか紹介します。

よだれが一緒に出ている場合

食べこぼしをしてしまう場合、よだれが一緒に溢れる場合があります。たとえば、パーキンソン病の場合は手だけではなくのどの動きも悪くなり飲み込む動きが少なくなるでしょう。

このため、よだれが食べ物と一緒に溢れる場合があります。

認知症による食べこぼし

認知症による食べこぼしの場合、30分以上食べ物を口に入れたままの高齢者もいます。食べ物を口に入れたままだと、誤嚥を引き起こす可能性が高く注意が必要です。

また、周囲が気付かないうちに肺炎を引き起こしているケースも珍しくありません。食べこぼしをしてしまう場合、単純に高齢だからと決めつけず普段から注意深く観察し原因を探ることが大切です。

【対策まとめ】食べこぼし対策としてどんなことができる?

食べこぼしが改善されると、介護する側もされる側も安心して食事ができるでしょう。食べこぼし対策として、どんなことができるのか解説するのでぜひ、参考にしてください。

姿勢の改善

イスに座って食事をする場合、クッションを使いよい姿勢を保てるようにしましょう。

また、脳梗塞が原因で麻痺がある方はイスに座ると傾く傾向があります。この場合も、クッションを使いうまく食事ができるように補助しましょう。

中には、車椅子に座って食事をされる高齢者もいます。車いすで食事をする場合は、大きさが高齢者に合っているか確認しましょう。

大きさが合わないと、転倒の危険性もあり危険です。ケアマネージャーと相談を行い、適切な車椅子を選ぶことをおすすめします。

口腔内の筋力を鍛える

口腔内の筋力低下や、入れ歯が原因で食べこぼしをしてしまう場合は口腔内の筋力を鍛えましょう。

たとえば、口腔内の筋力トレーニングとして、ベロ出し体操があります。ベロ出し体操は、舌を出して上下左右に動かすことで、口の筋肉や舌の柔軟性が鍛えられる効果があります。

また、入れ歯が原因で食べこぼしにつながる場合もあります。こうした場合は、歯科などに相談の上、入れ歯が本人に合っているか確認することで改善される場合もあります。

食器や食べ物の形状を確認する

いつも同じ食器を使用していても、一度確認することをおすすめします。手指が不自由な方でも、使いやすいように開発された食器も販売されています。

また、意外に子ども向けの食器が合う高齢者もおり、100均でも簡単に購入できるメリットがあります。デザインやカラーが豊富で、手に入りやすいことから気分転換に変えてみるのもおすすめです。

ほかにも、イスとテーブルの高さを調整することをおすすめします。このように、食事環境を整えることで、簡単に食べこぼしを防げる場合もあるでしょう。

そして、食べ物の形状が合わないことで、食べこぼしにつながる場合もあります。こうした場合は、完全調理品を取り入れることで簡単に食べ物の形状を変えて食べさせることが可能です。

まとめ

本記事では、介護の現場でよくある「食べこぼし」による対策としてどんなことができるかを解説しました。食べこぼしは、介護する側もされる側も、ストレスを感じるといえます。

ただ、ほんの少しのことで改善される場合もあるため、食事の時は注意深く観察することもおすすめです。本記事が、食べこぼしで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

完全調理品を相談するならここ!
株式会社フーヅリンクが提供する「クックパック」は、高齢者施設専用の完全調理品です。真空調理法を採用しているため、一般的な完全調理品とは異なるでしょう。調味料を抑えながらもしっかりとした味付けが可能なので、治療食も普通食と変わらず食べることができます。
クックパックの画像1

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

高齢者の食事は通常よりも柔らかくして提供するのが基本ですが、実際にどのようなメニューにすべきか悩んでしまう人も多いでしょう。今回は高齢者向けの柔らかい食べ物について、柔らかい食べ物を選ぶべき

続きを読む

高齢化が進む日本において、介護需要は年々増加しています。2024年の1月に行われた社会保障審議会では、介護報酬の改定が了承されました。改定内容は多岐に渡りますが、中でも注目度が高いのは処遇改

続きを読む

ニュークックチルとは前もって作った料理を急速冷凍することによって、必要なタイミングでいつでも作りたての状態で提供できるシステムのことを指します。ニュークックチルは調理工程や時間、コスト、人員

続きを読む

会社名 株式会社メフォス 住所 〒107-0052東京都港区赤坂2丁目23番1号(アークヒルズフロントタワー18F) 電話番号 03-6234-7600(代表) メリット・強み ■食中毒を防

続きを読む

最近は食材宅配って言葉を耳にするけれど、ネットスーパーと何が違うの?とお考えではありませんか。そこで本記事ではそんな疑問を解消すべく、食材宅配とは何か、ネットスーパーとの違いや注文の流れにつ

続きを読む

食品ロスを無くしたいと思うけれど、食品ロスがなぜ起こるのか分からないとお考えではありませんか。そこで本記事ではそんなお考えを払拭すべく、食品ロスとは何か、食品ロスの発生理由や改善策、削減に対

続きを読む

「平均寿命」だけではなく「健康寿命」を延ばすことが大事だと聞くけれど、その違いは何?とお考えではありませんか。そこで本記事ではそんな疑問を解消すべく、平均寿命と健康寿命の違いや、健康寿命の延

続きを読む

この記事では、介護職・病院食の種類と選び方、食事の満足度を考えた特別な食事について解説します。介護食や病院食と聞くと、どのようなものかイメージしにくいですが、嚥下や咀嚼力が低下した高齢者にと

続きを読む

この記事では、家庭でも本格的なシェフの味が楽しめる真空調理法を活用した完全食品の魅力について解説します。真空調理なら出来立ての味を再現できます。真空調理のメリットやデメリットを知り、ニーズに

続きを読む

この記事では、料理の手間を省く完全調理食について解説します。冷凍食品やレトルトとは異なり、介護食やアレルギー対応、治療食まで網羅されており、利用者のニーズに合わせた食事が提供できます。味や目

続きを読む