高齢者にもおやつや間食は必要?役割や高齢者向けのおやつの特徴について

公開日:2023/07/15   最終更新日:2023/09/15

おやつや間食は、子どもだけのものでもなければ、単なる娯楽でもありません。高齢者にとってのおやつや間食は、健康を守るためにも大切な役割を果たします。ここでは、高齢者のおやつ・間食の目的やおやつを選ぶ際の注意点、嚥下(えんげ)しやすくするためのポイントなどを解説します。高齢者向けのおやつに悩んでいる人は必読です。

高齢者施設におすすめの完全調理品はこちら

おやつや間食が持つ目的・役割とは

おやつや間食というと子ども向けのものをイメージする人も少なくないでしょう。しかし、高齢者にこそおやつや間食は必要です。ここでは、高齢者におやつや間食を提供する目的・役割について解説します。

栄養不足を補う

高齢者は食事だけで必要な栄養をとれないことも多々あります。栄養が必要とされる一方で、歯・胃腸といった、食事をとるのに必要な機能が衰え、一度にたくさん食べるのが難しくなるためです。

そこで、食事だけでは不足する栄養を、おやつ・間食で補います。おやつや間食であれば、食事とはまた違った味つけや食感を楽しめるので、食事だけですませるよりも食が進むことも期待できるでしょう。

水分不足を補う

おやつにゼリーやプリン、フルーツなど水分をたっぷり含むものを食べることで、水分補給ができます。高齢になると、栄養の摂取量だけでなく水分の摂取量も減ります。

必要な水分量を水やお茶を飲むだけでとるのは現実的に難しいものの、口当たりのよいおやつや間食であれば食べやすく、水分補給も進むでしょう。

また、食べると喉が渇くようなおやつ・間食であれば、水やお茶も飲みたくなるので、結果的に水分不足を補うことに一役買います。

コミュニケーションの場を設ける

おやつや間食を通して楽しく過ごせる場を設けることで、脳を活性化させることもできます。脳にとっては、食事にくわえてほかの人との会話もよい刺激になる行為です。

とくに誰かと一緒に食べることで、食事だけでなく会話も楽しめ、心のうるおいも保てます。

おやつにも向き・不向きがある?どんなものを選べばよいのか

おやつは小腹が満たせれば何でもよいわけではありません。高齢者ならではの注意点を押さえておやつを選ぶことも大切です。そこで、ここでは高齢者向けのおやつを選ぶポイントを解説します。

必要な栄養素が含まれている食品を選ぶ

おやつには、不足している栄養を補う役割があるため、補うべき栄養が含まれているおやつを提供しましょう。とくにタンパク質・ビタミン・ミネラルは、高齢者に不足しがちな栄養素です。

栄養を補うという観点から、おやつとして提供しやすい食材が含まれているおやつを選ぶのがおすすめです。

たとえば、タンパク質を補うのであれば乳製品・卵・豆類など、ビタミンやミネラルが必要であればフルーツ・緑黄色野菜などは、おやつにも取り入れやすい食材となっています。

とはいえ、やみくもに不足しそうな栄養素を取り入れるのではなく、1日の食事とあわせて必要な栄養素がとれるように考えることが必要です。

たとえば、体を動かすエネルギーになる糖質や脂質も大切で、塩もミネラル補給には有効ですが、とりすぎると栄養バランスが崩れます。とくに生活習慣病などでカロリー制限がある人の場合は、注意が必要です。

咀嚼・嚥下しやすいおやつを選ぶ

高齢者は噛む力や飲み込む力が衰えている人も多いため、歯やあごが衰えていても咀嚼しやすいものや、あまり噛まなくても嚥下しやすいものがよいでしょう。

ゼリー・プリン・アイスクリームなどは口当たりがよくのどに詰まりにくいのでおすすめです。反対に、お餅やこんにゃくゼリー、寒天などはのどに詰まりやすく、高齢者のおやつには不向きです。

また、カステラ・ケーキといったふわふわと柔らかいお菓子やさつまいも、高齢者に好まれやすいおせんべいなども、高齢者にとっては飲み込みにくいおやつです。

口の中やのどが渇いて口の中に貼りつくため、嚥下力が低下している人はとくに飲み込みにくいでしょう。

嚥下しやすくするにはどんな工夫をすればよいか

嚥下しやすいものばかり選ぶとおやつ選びもマンネリ化しやすくなります。しかし、一般的に嚥下しにくいものでも、工夫次第で食べやすくなるため、おやつ選びの幅が広がります。

ここでは、おやつを嚥下しやすくするための工夫を紹介します。

代替餅を作る

代替餅とは、もち米の代わりに別の食材で作ったお餅です。

高齢者はなかなかお餅が食べられなくなりますが、のどに詰まりやすいもち米を別の食材に置き換えることで、お餅のようなおやつを楽しめるようになります。

厳密にはもち米でできたお餅とは味も食感も違いますが、お餅に似た食感を楽しんでもらえるでしょう。

寒天の代わりにゼラチンを使う

飲み込みにくい寒天の代用としてゼラチンで固めると、嚥下しやすくなります。寒天は噛み砕いても口の中でかたまりが残るような感覚がありますが、ゼラチンは口の中で表面が溶け、つるりと飲み込めます

水分を含ませる

カステラ・ケーキ・さつまいもといった水分が少なく口やのどに貼りつくおやつは、水分を含ませると嚥下しやすくなるでしょう。水だけでなく、牛乳・お茶・コーヒーなど、おやつと相性のよい飲み物と組み合わせると味わいも楽しめます。

まとめ

おやつ・間食は、食事だけでは補いきれない栄養と水分を補給すると同時に、会話や食の楽しみを得られる機会であり、高齢者の心身の健康を支える大切な要素です。

ただし、高齢者におやつを供する場合、喜ばれるものを出せばよいわけではありません。栄養バランスや高齢者特有の嚥下力の低下に配慮して、飲み込みやすいおやつを用意する必要があります。

市販品でもひと手間かければ高齢者向けのおやつになりますが、日々の食事の中で飽きないようにレパートリーを準備するのは大変です。

食事だけでなくおやつや間食に対応している完全調理品サービスもあるので、ぜひ導入を検討してみてください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

クックチルは食材を調理後に急速冷凍する調理法で、安全に効率よく食事を提供できることから人気が高まっています。 料理提供直前に加熱するだけでよいことから、レストランや病院などのすばやく料理を提

続きを読む

高齢者の場合、普通の食器では使いにくいと感じる場合があります。腕の可動域が狭くなった・持病による後遺症など、さまざまな原因が考えられます。満足な食事ができないことにより、食事の時間が楽しくな

続きを読む

糖尿病をひとことでいえば血糖値が常に高い状態となる病気のことです。もしそのまま放置しているとさまざまな合併症が出てくる怖い病気でもあります。そうならないためにもしっかりとした治療と、生活習慣

続きを読む

おやつや間食は、子どもだけのものでもなければ、単なる娯楽でもありません。高齢者にとってのおやつや間食は、健康を守るためにも大切な役割を果たします。ここでは、高齢者のおやつ・間食の目的やおやつ

続きを読む

高齢者施設で過ごす方であれば、食事は楽しみの一つでしょう。とくに、行事などで食べられる行事食や特別食は、いつもと違う特別な食事が用意されるため喜ばれるでしょう。本記事では、行事食や特別食の雰

続きを読む

近年の日本は、災害の発生が多いので日頃から食料品を備蓄しておくことが大切です。ただ、どのようなものを用意すればよいのかピンとこない人もいるかもしれません。そこでこの記事では、被災時はどのよう

続きを読む

介護現場では、食べこぼしはよくあることですが、食べこぼしに意外な原因が潜んでいる場合もあります。また、介護での食事は忙しいため、なるべく食べこぼしがないよう工夫しながら進める必要があります。

続きを読む

高齢者施設や病院などでの調理は、人手不足や料理の味のばらつきなど、さまざまな問題を抱えています。 そこで、調理過程に急速冷却・冷凍などの方法を取り入れることで、計画的かつ安全に調理と食事の提

続きを読む

超高齢化社会を迎えている日本において、介護施設の経営は一見すると順風満帆に見えるかもしれません。しかし、介護施設の経営には、食事に関する課題があることをご存知でしょうか。円安により食材のコス

続きを読む

食品に関する仕事に関係していないと、なかなか馴染みのない言葉の1つに「検食」があります。検食とは高齢者施設などで行われているもので、本来の意味は「試食」と「保存」です。今回の記事では、完全調

続きを読む